思い出に残るブリザーブドフラワー

2月 19th, 2014

思い出は色々とありますが、一生の内に限られた回数しか経験する事のない子供の行事に関する思い出はとても貴重だと思いませんか?そんな思い出を形として残す為にはどういった方法があるのでしょうか?


<手作りのコサージュ>

入園式や卒園式、入学式や卒業式などコサージュを付ける行事がいくつかありますが、節目となる卒園式や卒業式の時には今までの成長に感謝を込めながら手作りのコサージュを付けてみませんか?造花で作るコサージュもいいですが嬉しい節目の行事なので折角ならみずみずしさを感じるブリザードフラワーを使って作るのはいかがでしょう?当時の思い出が鮮明に蘇るブリザードフラワー使ったコサージュが増えていくのもとても嬉しい事だと思います。


<個性を出す事が出来る>

好きな色に染色できるブリザードフラワーは、個性的なコサージュやブーケを作るのに最適です。自分の好きなキャラクターの形を作る事も出来ますし、プレゼントとしても適しています。気持がこもっているプレゼントをもらうのはとても嬉しい事ですからいい思い出として心に残っていきます。華やかさを必要とする結婚式でも使用する事が出来ますから、式に来てくださったゲストの方へのプレゼントとしても利用する事が出来ます。思いを形にし、長期間気持ちと共に保管する事が出来ます。

カテゴリー: プリザーブドフラワー | コメントはまだありません

プリザーブドフラワーなら実在しない花の色も

2月 6th, 2014

プリザーブドフラワーとは特殊な液体に生花の花びらをつけて加工し、後から染色したもののことです。花粉などもないので、お見舞いにも最適ですし、枯れないお花ということから、ウエディングや母の日、誕生日のギフトなどにも利用されているそうです。


プリザーブドフラワーだからできること

プリザーブドフラワーの特徴は、花の色です。あとから人工的に染色するので、生花では難しかった同じ色のお花をつくることができます。また、発色の具合も変えることができるので同じ赤い色でも、血のような深い赤、明るくさわやかな赤など、微調整をすることもできます。また今まで難しいと言われていた青い花弁など、本来は実在しない色のお花もつくることができます。


紫の薔薇だってできる

昔、あこがれたのが紫の薔薇です。ガラスの仮面に出てくる、速水真澄が北島マヤに送っていたあの薔薇の色です。生花だとバイオレットドリーと呼ばれるばらが紫色に近い花弁をつけるのですが、マンガのような発色は難しく、色水などを利用して育てているものもあるそうです。現在は遺伝子の研究なども進み、生花でも紫の薔薇は栽培が簡単になってきたそうですが、やはり直ぐに枯れてしまうこともあります。プリザーブドフラワーならはっきりとした紫色を表現し、その花を枯らすこともありません。

カテゴリー: プリザーブドフラワー | コメントはまだありません

プリザーブドフラワーの保存方法について知りたい!

2月 5th, 2014

今人気を誇っているプリザーブドフラワーですが、永年保つことのできるお花として有名ですよね。
ですが、そのままを保つ為にはやっぱり保存方法について知っておきたいですよね。
今ではネットで調べると多くの情報が出てきますので疑問がある際には調べてみるのが良いかと思います!


プリザーブドフラワーはお水厳禁!

プリザーブドフラワーは決してお水を与えていけないことになっていますので、その点には注意していただきたいと思います。
保存ケースの中に入れたままにしておくときれいなまま保てますしよく見えて良いかと思います。
風通しの良いところに置いておくと長くきれいなまま保存することが出来ますので、直射日光や湿気の多いところには置かない方がよろしいかと思います!


なぜお水をあげてはいけないの?

プリザーブドフラワーの注意点の一つであるお水を与えないでくださいという注意書きが気になった方も中にはいらっしゃるのではないのでしょうか?
お水を与える手間が省けるのは嬉しいけれどなぜ与えてはいけないのか。
その理由は、色落ちの原因となってしまうからなのだそうです。
それなので、キッチン周りに置くのも避けた方が良いかと思います!

カテゴリー: プリザーブドフラワー | コメントはまだありません

プリザーブドフラワーは男性にも贈られる?

2月 5th, 2014

やはりプリザーブドフラワーやお花は女性に贈られるといったイメージが強いかと思いますが、現在では男性用のお花もあるそうですよ。
ですのでお花がお好きな男性に贈ったりお誕生日の際に贈られるのが良いかと思います。
やはり男性に向けて作られているものですので、シックなイメージのプリザーブドフラワーが多くなっています!


男性用のプリザーブドフラワーってどんなもの?

男性向けのプリザーブドフラワーは、青や紫・白といった色が多くやはりバラが多いですね。
ですが、おしゃれなものが多いので比較的どのようなお方にも安心して贈ることが出来るのではないかと思います。
入れ物などに凝っているお店もあるようですので、お悩みの方がいましたらネットなどで一度調べてみるのが良いかと思いますよ!
きっと素敵なものが見つかるはずです!


敬老の日や母の日などにもおすすめです!

また敬老の日や母の日にもおすすめです、もちろん父の日にも最適だと思います。
お花はすぐに枯れてしまうから選ぶのを避けていたという方もプリザーブドフラワーでしたら永年保つことが出来ますので、安心して贈ることが出来て良いかと思いますよ。
また、思い出の品として長く残すこともできますので非常にお勧めだと思います。

カテゴリー: プリザーブドフラワー | コメントはまだありません

プリザーブドフラワーが出来るまで

2月 5th, 2014

プリザーブドフラワーは昨今長期に渡って枯れない花として贈り物などで人気です。しかしプリザーブドフラワーは何故枯れないのかご存知ですか?これらは基本的にただ乾燥させるだけのドライフラワー等とは異なり薬品加工を施した上で乾燥させたものになっています。


プリザーブドフラワーの加工法

プリザーブドフラワーと名の付く商品は凡そ生花が元来持つ水分を保存液と入れ替える事によって生成がされています。具体的にはまず出来るだけ元気で新鮮な花を水分が吸い上げやすいように切った後、保存液に付けます。そうすると花は水の代わりに保存液を吸い上げ徐々に花の中の水は保存液と入れ替わっていきます。花の完成度はこの吸い上げる力にも影響されるので出来るだけ新鮮な生花が材料としては向いているとされています。


保存液の仕組み

プリザーブドフラワーが枯れない理由は花を満たすこの保存液にあると言います。この保存液の多くはグリセリンと呼ばれるタンパク質を主成分とした要素で構成されているといいます。言ってみればグリセリンは樹脂のようなもので水と違って乾燥に強く、また乾燥してもみずみずしく見えるのが特徴です。その為プリザーブド加工とは即ち水分を含んでいるかのように見える液体で内側から固めているというのが正確な所です。勿論質感は従来の生花のものですけどね。

カテゴリー: プリザーブドフラワー | コメントはまだありません

プリザーブドフラワーで逆バレンタインなんていかが?

2月 5th, 2014

もうすぐバレンタインですね!今年は男性も一緒にバレンタインデーに参加しませんか?プリザーブドフラワーならどんな女性でも満足してくれますよ!


プリザーブドフラワーで先手必勝のバレンタインデー

世の男性陣はこの時期になると色んな意味でソワソワするようです。彼女や奥さんがいるヤツはソワソワなんてしないだろうと思われるかもしれませんが、むしろチョコをくれるお決まりの相手がいる人ほどソワソワするようです。
何故なら「バレンタインのお返しは3倍返し」という世にも恐ろしい「暗黙の了解」が広まっているせいで、貰うものによっては、2月3月はかなり節制しないといけない事態になってしまうかもしれません。
そこで、今年はプリザーブドフラワーを贈り、先回りして「3倍返し」をうやむやにしてしまう作戦はいかがですか?


サプライズ感でうやむやにしよう

プリザーブドフラワーのことを知っている女性は、そう多くはないと思います。知っていたとしても、「バレンタインって本当は男女関係なく愛を伝える日でしょ?だから今年は俺も一緒に、と思って。枯れないお花ならピッタリだと思ったし」とかナントカ上手いこと言ってしまえば、不満を抱く女性はいないと思います。
プリザーブドフラワーなら5千円~1万円で十分可愛いものを選べますので、「3倍返し」よりは安く済ませられますよ。

カテゴリー: プリザーブドフラワー | コメントはまだありません

プリザーブドフラワーとは枯れないお花の事!

2月 5th, 2014

皆さんはプリザーブドフラワーと言うものについてご存知でしょうか?
中にはご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、プリザーブドフラワーとは簡単に話すと永年保つことのできる枯れないお花のことです。
枯れないってなんだか不思議で素敵な感じがしますよね!
ですので、お花をうまく保つことのできない方やお花のお好きな方には非常に良いかと思いますし、最近では贈り物として購入されている方もいらっしゃるみたいですよ!


プリザーブドフラワーを活用してみよう!

プリザーブドフラワーは贈り物として扱われることが多くなってきているそうですが、他にも活用出来たら嬉しいですよね。
ご家庭にちょっと飾ってみるだけでも雰囲気が変わると思いますし、お花のお好きな方でしたらプリザーブドフラワーをいくつか集めてガーデニングのように楽しむといったことも出来るかと思います!


ドライフラワーとは違うの?

どちらも乾燥させて作られているお花ではありますが、違うものだそうです。
ドライフラワーはそのまま乾燥させて作られますが、プリザーブドフラワーは一度花の樹液を抜いて特殊なオーガニック染料吸わせて乾燥させます。
ですので、いつまでもその美しさを保つことが出来るのです!
一方、ドライフラワーは壊れやすく飾っていると次第に色あせてしまうのだそうです。

カテゴリー: プリザーブドフラワー | コメントはまだありません